2006年11月13日

「自信ぐらつ機」「悪運ダイヤ」(アニメドラえもん)

こんにちは!

急にとてつもなく寒くなってきました。
ドラえもんみたいに特別寒いのが苦手な方には
厳しい季節ですが、頑張って乗り切りましょー。


「自信ぐらつ機」(TC 40巻)

はっきり言ってしまうと、私はこの話は好きじゃないです。
のび太の使い方があまりにいつもと同じなのと、
道具の必要性が不明瞭すぎるからです。
最後のオチのために無理やり話が作られた様な気がします。


オチと言えば最後の終わり方は旧ドラと違っていました。


旧ドラでは自信を無くしたドラえもんが「さようなら」と言って
未来に帰る瞬間にのび太が自信ぐらつ機を取り去ってしまい、
ドラえもんに自信が戻り、のび太は深く反省するという形でした。
一方、現ドラの最後は原作に近く、未来に帰るドラえもんとのび太の
引っ張り合いという形で終わりました。
どちらが良かったかというと、断然旧ドラの終わり方の方が好きですが、
全く同じだと現ドラの方が味気なくなってしまうので、
しょうがないかなあ、と思います。



「悪運ダイヤ」(TC 8巻)

ドラえもんが率先してのび太の不幸を他の人に移してやろうと
提案する話です。
正義感に目覚めたのび太に逆に説得されるという、
いかにも原作初期の頃の話と言う感じがします。

ダイヤを渡した瞬間から不幸な目に会わなくなったり、
自分のものだと言ってダイヤを拾ったスネ夫が交番ではなく、
何故かのび太に返しに来たりするあたりは
のび太の不幸の強力さを物語っていますね。

もっとも最終的にはジャイアンが拾ってくれたおかげで
落ち着きましたが。

そう言えば今回、話の冒頭に出て来た「幸運ダイヤ」
拝むことは出来ませんでした。
ドラえもんが「悪運ダイヤ」を出すための
前フリではないかと考えたり・・・。



次回予告 「おそるべき正義ロープ」「ミニ熱気球」
ドラミちゃんスペシャル期間中ということもあって、
ドラミちゃんが登場する話が一週おきに放送されます。
そう言えばこんな話もあったなあと思いながら見ています。
「オッケーよ、エヘン」

ドラえもんで、行っとけ!
タグ:アニメ
posted by ついてる at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27413408

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。