2007年04月12日

新魔界大冒険を観て来ました

やっと観てきましたよ。新魔界大冒険


映画館でパンフレットを買うと、
早速ドラえもんスタンプを押しました。
かすれないように思いっきり強く押したんですが、
インクのつけ方が甘かったようで、
真ん中のあたりがかすれてしまいました。
映画鑑賞前から思い出に傷がついてしまいました・・・。


それはさておき、新魔界大冒険の感想について書きます。
全体的な感想を一言で言ってしまうと、
「良いところは色々あったのに対して、
悪いところははっきりしていた」
という感じです。
特に今回は前作の焼き直しではなく、
新魔界大冒険として作られたことが
最大の成功だったと思います。


以下、個人的に良かったところと悪かったところを挙げます。





良かったところ

・ストーリーが完全リメイクではなかった。
やはりこれが一番大きいと思います。
リメイクということもあって、
ストーリーは前作とそれほど変わらないだろうと考えて
観ていたので、抑えるべき点はしっかり抑えたうえで、
オリジナルストーリーを追加するという
今作の形になおさら好感を持ちました。

・戦闘シーン
月並みですけど、迫力ありましたよー。
ドラゴンの吐いた炎が何重にも飛び出して
行くシーンが特に良かったです。
この辺は最新CGの技術力って感じですね。
でも、前半の戦闘シーンが良すぎたんで、
最後の戦闘シーンがあっけなく感じてしまいました。
戦闘アニメじゃないんでこれはこれで別にいいです。

・月が装置であった
原作ではただの月だったのが、
今作では魔物を地球に来させないために開発された
装置になっていました。
これも、最後まで重要な伏線となっており、
ちゃんと考えられてるなあと思いました。

・前半にドラミちゃんを登場させて、後半登場への伏線を用意した。
これは、批判もあるかもしれませんね。
私は前半にタイムマシンの存在を印象付けられてしまった
ために、もしもボックスがスクラップにされた時、
「未来に行って新しく買えば良いのでは?」と
即座に思ってしまいました。
でも、ドラミちゃんが登場する伏線を張った
という点では良かったと思います。

・しずかちゃんの主要パンチラシーンを再現
魔界大冒険の華ですよね?
スタッフの方々、来年もよろしくお願いします。



悪かったところ

・魔界を冒険するシーンが抜けていた
これは別に私に限ったことでは無く、
前作を観た人なら誰もが不満に思ったことではないでしょうか。
やはり魔界というと、あのオドロオドロしいシーンや
不気味な植物たち、動物たち、
思わぬ罠が最大の魅力の一つでもあるのに、
それがバッサリ削られたことはいただけないですね。

・現実世界のブラックホール
今回は魔法の世界の魔界星の接近に付随して、
現実(科学)の世界ではブラックホールの
巨大化が起こっていました。
現実世界のままだった場合、
このブラックホールがどうやって解決されるのか、
を疑問に思ったりしました。

・声優に関して・・・
今回は特に語りませんが、美夜子さんと満月牧師は
ちゃんとした声優さんに
やってもらうべきだった思います。
今年はヴィジュアルと魔界大冒険の話題性で
客足が伸びましたが、
来年もこの調子では客足に陰りが見えると考えます。




まあ、色々書きましたが、結論としては最高!!でしたね。
来年は再びリメイクになるのか、
新作になるのかはわかりませんが、
この調子で最高な作品をどんどん作っていってほしいですね。
(最後にドラえもんが来年もよろしくと言った後、
木の葉出てきたことが考えると、これがヒントでしょうか?)



最後に、

好きなキャラクター:美夜子さん

好きなシーン:エピローグ

好きなセリフ:「まさに一本取られたってやつだな。」


<関連リンク>
ドラえもん のび太の新魔界大冒険(オフィシャルサイト)
ラベル:映画 魔界大冒険
posted by ついてる at 03:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラ映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜」感想
Excerpt: えー、このエントリで「お金を払ってまで劇場に行く気がない」と書いておきながら、結局、観に行ってしまった。というのも、たまたま近くの映画館が1000円均一デーだったから。このことに気づいていなかったら、..
Weblog: MISTTIMES.com Blog
Tracked: 2007-04-19 00:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。