2008年04月12日

ドラえもん のび太の緑の巨人伝の感想

こんにちは。

鑑賞後、すでに2週間ほど経過してしまいましたが、
今年のドラ映画「ドラえもん のび太の緑の巨人伝」の
感想を書きます。

以下に感想(ネタバレ含む)を書くので、
まだ読みたくないという方は
続きを読むをクリックしないでください。




では、感想を書きます。

まず「良かったところ」と
「改善した方がいいんじゃないか」と
思ったところを書きます。




今回のシーンで一番良かったのは
キー坊との別れのシーンでした。

のび太の恐竜2006のように、
別れのシーンではのび太が大声を上げて
泣きわめくシーンを予想していましたが、
それに反して、のび太はほとんど泣きませんでした。

他のみんなが泣いている中、一人だけ
晴れ晴れとした表情でキー坊を見送りました。


ピー助との別れを乗り越え、
精神的に成長していた証ではないかと思います。


テレビではなかなか成長しないのび太も
映画では成長していたようです(笑)




次に、改善したほうがいいんじゃないかと思った点です。


まず、ゲスト出演の声優陣についてです。
今回、ゲストには堀北真希さん(女王リーレ)、
三宅裕司さん(長老)、有田哲平さん(パルナ)、
一般公募から選ばれた渡辺甚平くん(モヤ)、
土屋蓉子ちゃん(ロク)、
そしてキー坊役は吉越拓矢くんが担当しました。


みんな、無難にこなしていましたが、
長老役の三宅裕司さんだけは大問題でした。

というのも、「長老」の声ではなく、
そのまんま「三宅裕司」の声だったからです。
最後の語りのシーンでも、
目を瞑ると長老ではなく三宅さんの姿が浮かんできて
台無しでした。
これはキャストを変えたほうが良かったと思います。



次に本編のタイトルである「緑の巨人伝」についてです。
伝説の緑の巨人は物語の核にもなりえる
非常に重要な要素でした。
しかし、作中に緑の巨人に関する情報は
ほとんどありませんでした。

植物たちは地球から植物を救うこと、
地球人に制裁を加えることを目的として
緑の巨人を復活させようとしましたが、


緑の巨人とは何なのか?
どのような伝説が存在するのか?
巨人が復活すると何が起こるのか?
なぜその生贄にキー坊が選ばれたのか?
なぜ植物たちの野望は失敗したのか?


これらの疑問点が最後まで未解決なままで
終わってしまいました。

物語が一番盛り上がる部分だったので、
ここはきっちりと説明すべきだと思いました。




あとは細かい点に関していくか書きます。


しずかちゃんの役割に関して
今回、各キャラの役割としてスネ夫はボートの操縦、
ジャイアンは自分の靴を使った不器用な水汲みなどで
持ち味を発揮していました。
しずかちゃんも同じ女の子であるリーレの心を
開くという重要な役割がありましたが、
そのシーンは一瞬で終わってしまいました。
スネ夫、ジャイアンに比べるととても印象が薄かったです。
できれば、もう少しリーレの過去や生い立ちを聞いたりして、
時間をかけた方が良かったと思います。


タンマウォッチについて
今回、偶然にタンマウォッチが働いたことで時間が止まり、
人類が大混乱にならずに済みました。
しかし、タンマウォッチが動いたシーンが
前半に描かれただけだったので、
覚えていないと非常に分かり辛かったと思います。
問題のシーン差し掛かったとき、
過去の回想シーンを挿入するなどすると
良かったと思います。


原作へのリンク
個人的には、キー坊の名前をめぐって
ドラえもんのミドリちゃんと争ってほしかったです(笑)


主題歌
今回の主題歌は絢香さんの歌う
「手をつなごう」でした。
ただ、音楽のノリがドラ映画に
あまり合っていないように感じました。



総論
というわけで、いろいろ細かい点が気になった
「緑の巨人伝」でしたが、
結論としてはおもしろかったです。

ドラ映画の多くの作品は、毎回絶対的な悪役が登場して
ドラえもんたちと戦うので、
今回の人類と植物たちのような
善vs善の内容におもしろみを感じます。


こういった作品は過去には「竜の騎士」や「雲の王国」があり、
ドラ映画には、いくつかあってほしいテーマだと思います。

ただ、善vs悪のような分かりやすいストーリーではないため、
子供には内容が分かりにくいかもしれません。
(実際、私も子供のころ初めて竜の騎士を見たときは、
後半の展開がさっぱり分かりませんでした。)


今後は別の形で成長したキー坊が
再登場するんでしょうかねえ。



さて、今作も最後は次回予告で終わりました。
そこにどこかで見たようなキャラクターが映ったような・・・。

来年は再び壮大なリメイク路線になるのか?
と思いました。


<関連リンク>
映画「ドラえもん のび太と緑の巨人伝」

ドラえもんで、行っとけ
posted by ついてる at 14:43| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラ映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「なんで、言うこと聞かないとみんな敵なの?」
Excerpt:  う〜ん、深い…ついつい考え込んでしまいましたよ…  って、わけわからんですね。ハイ。どうにかこうにかドラえもん〜のび太と緑の巨人伝...
Weblog: 裏愚痴
Tracked: 2008-04-14 11:51

ひとりぼっちの植物戦争
Excerpt:  『映画ドラえもん のび太と 緑の巨人伝』を観た。  例年は前売券を買ってから劇場へ行くが、今年は劇場まで買いに行く機会がなかったので、1997年の『ねじ巻き都市冒険記』以来11年ぶりに当日券での入..
Weblog: 銀河後悔日誌
Tracked: 2008-04-17 00:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。