2006年12月03日

ドラえもん ドラミちゃん誕生日スペシャル 「ウラシマキャンディー」「ドラえもんとドラミちゃん」

今週は1時間拡大のドラミちゃん誕生日スペシャルでした。
ドラミちゃん登場話の他に、
「ひみつ道具コンテストの全ノミネート作品発表」
「新魔界大冒険の最新情報」がありました。


「ウラシマキャンディー」(TC 9巻)

内容としてはほぼ原作そのままでした。

ズル木の役割はドラえもんが行っていました。
ここはポジション的にスネ夫がやるのかな〜って
思っていましたが違いましたね。

ところで、原作のドラミちゃんはゴキブリを見ても笑顔なんですが・・・。


「ドラえもんとドラミちゃん」(ドラえもんプラス 4巻)

話の内容としてはドラえもんとドラミちゃんが
のび太をめぐって対決すると言う、
「ションボリ、ドラえもん」と似たような内容でした。

しかし、「ションボリ、ドラえもん」で
圧倒的な優秀ぶりを見せつけたドラミちゃんでしたが、
今回はミスを連発してのび太に怒られてしまいました

家庭用ロボットとしては優秀なドラミちゃんも、
恋愛のこととなると全然ダメなようです。
もっともカムカムキャットを使った時だけはうまく行きそうでしたが、
全てドラえもんの介入により裏目に出る結果となってしまいました。

最後はしずかちゃんと出木杉の関係を引き離すことには失敗したけど、
ドラえもんたちにこれ以上を迷惑をかけるわけにはいかないと、
勉強を始めるのび太・・・でした。



「ひみつ道具コンテスト結果発表」

コンテストの全ノミネート作品が発表されました。
チームテレビの全作品が発表されて、
次はインターネットか雑誌か・・・と思っていると、
これで全ノミネート作品発表とのこと。

おかしいな。いつ見逃したんだろ?
ちなみに来週の放送で最優秀作品の発表だそうです。



最後は久しぶりの新魔界大冒険の最新情報でした。

魔界大冒険のヒロインである満月美夜子さんの声優が
アイドルタレントの相武紗季さんに決定したそうです。

このことに関しては本当に、



ものすごく不安です





去年の「のび太の恐竜2006」では
2時間ドラマの帝王と呼ばれる船越英一郎さんという、
既に演技力に定評のある方が黒マスクを演じると言うことで、
当ブログでも推していましたが、相武さんは果たして・・・・・。

実際に美夜子さんの声も聞いてみましたが・・・、
現行ドラえもんののび太の声を初めて聞いた時と
同じ様な印象を受けました。

要するに、違和感アリアリでした(´∀`;)

美夜子さんは魔界大冒険の超最重要メインキャラクターなので、
実績のある本格派の声優さんを選んでほしかったのですが。。。


まあ、決まったからには、


相武紗季さんに

最高の美夜子さんを期待しましょう!!!!!




<関連リンク>
DORAEMON THE MAGIC 2007 (ドラ映画公式サイト)


ドラえもんで、行っとけ!
ラベル:アニメ
posted by ついてる at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

「自信ぐらつ機」「悪運ダイヤ」(アニメドラえもん)

こんにちは!

急にとてつもなく寒くなってきました。
ドラえもんみたいに特別寒いのが苦手な方には
厳しい季節ですが、頑張って乗り切りましょー。


「自信ぐらつ機」(TC 40巻)

はっきり言ってしまうと、私はこの話は好きじゃないです。
のび太の使い方があまりにいつもと同じなのと、
道具の必要性が不明瞭すぎるからです。
最後のオチのために無理やり話が作られた様な気がします。


オチと言えば最後の終わり方は旧ドラと違っていました。


旧ドラでは自信を無くしたドラえもんが「さようなら」と言って
未来に帰る瞬間にのび太が自信ぐらつ機を取り去ってしまい、
ドラえもんに自信が戻り、のび太は深く反省するという形でした。
一方、現ドラの最後は原作に近く、未来に帰るドラえもんとのび太の
引っ張り合いという形で終わりました。
どちらが良かったかというと、断然旧ドラの終わり方の方が好きですが、
全く同じだと現ドラの方が味気なくなってしまうので、
しょうがないかなあ、と思います。



「悪運ダイヤ」(TC 8巻)

ドラえもんが率先してのび太の不幸を他の人に移してやろうと
提案する話です。
正義感に目覚めたのび太に逆に説得されるという、
いかにも原作初期の頃の話と言う感じがします。

ダイヤを渡した瞬間から不幸な目に会わなくなったり、
自分のものだと言ってダイヤを拾ったスネ夫が交番ではなく、
何故かのび太に返しに来たりするあたりは
のび太の不幸の強力さを物語っていますね。

もっとも最終的にはジャイアンが拾ってくれたおかげで
落ち着きましたが。

そう言えば今回、話の冒頭に出て来た「幸運ダイヤ」
拝むことは出来ませんでした。
ドラえもんが「悪運ダイヤ」を出すための
前フリではないかと考えたり・・・。



次回予告 「おそるべき正義ロープ」「ミニ熱気球」
ドラミちゃんスペシャル期間中ということもあって、
ドラミちゃんが登場する話が一週おきに放送されます。
そう言えばこんな話もあったなあと思いながら見ています。
「オッケーよ、エヘン」

ドラえもんで、行っとけ!
ラベル:アニメ
posted by ついてる at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

「ドロン葉」「神様ロボットに愛の手を!」(アニメドラえもん) 

こんにちは!
というわけで(どういうわけだ)、今週もドラえもんの感想です!



「ドロン葉」(16巻)

原作は暗い感じでしたが、アニメでは
明るい感じになっており良かったです。

首輪に繋がれて、ずっと自由に動き回れないっていうのは、
本当に辛いことですね。
想像するとゾッとしてしまいます。


続きを読む
posted by ついてる at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ドラビア検定受験してきました♪

こんにちは!

先ほど、ドラビア検定を受験してきました!

ドラビア検定について知らなかった方はコチラを↓
ドラえもんトリビアを競え! 「ドラビア検定」第1弾は“ひみつ道具”


さてさて、気になる結果の方は・・・5問中5問正解。
一回目で全問パーフェクトでした。 (^∀^)☆〜
(一問だけ答えが合っているか怪しいものもありましたが・・)

というわけで、「丸山宏一監督書き下ろし・サイン入り色紙」
自分の名前を書き込んで応募しました。 ☆〜_(―〇―_)当たれ〜!


このドラビア検定は何回でも受験できるみたいなので、
何回もチャレンジすれば皆がプレゼントに応募できるでしょう。

毎週放送されるドラえもん中に問題のヒントが隠されているらしいです。

今週も見なくては!

ドラえもんで、行っとけ!
posted by ついてる at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

「ふんわりズッシリメーター」「未知とのそうぐう機」

こんにちは!

すっかり一ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
最近は就職活動という人生の岐路の中で
過ごしており、かなり多忙な毎日です。
でも、少しずつブログも更新していきたいと思います。
続きを読む
posted by ついてる at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ドラえもん緊急特番!!史上最大のひみつ道具スペシャル

こんにちは!

今週のドラえもんは
ドラえもん誕生日スペシャル! ドラえもん、未来に帰る・・・
紹介したひみつ道具コンテストのため、
今まで登場してきた秘密道具をジャンル別に分けて、
ランキング形式で発表していました。
一体誰が決めたランキングなのかはわからないですけどね・・・(^^;)
続きを読む
posted by ついてる at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ドラえもん誕生日記念の限定腕時計「ドラッチ2006」

ドラえもんの誕生日記念として
2112本限定の腕時計が発売されたそうです。

ドラえもん誕生日記念の限定腕時計「ドラッチ」、今年は初代モデルが復刻


キャラクター商品の開発・販売を行うラナは、
ドラえもんをデザインした腕時計「ドラッチLTD」2モデルを
3日に発売すると発表した。
同社直販サイトおよび協力ネットショップにて
21,120円(税別)で販売する。

「ドラッチ」シリーズはドラえもんをデザインに
取り込んだ腕時計で、ドラえもんの作品中での
誕生日が9月3日であることにちなみ、
毎年この時期に発売されている。
今回は1997年に発売された最初のモデルから10年目を
迎えることを記念して、初代ドラッチのデザインである
「どこでもドア」「ハーフスケルトン」を復刻した。

「どこでもドア」はひみつ道具のどこでもドアを
かたどったクォーツ時計で、ドアを開けると
ドラえもんが描かれた文字盤が現れる。
「ハーフスケルトン」は手巻きの機械式時計で、
偏光フィルムにより15秒ごとに文字盤が
現れたり消えたりするギミックがほどこされている。

シリアルナンバー入りで各2,112本の限定商品。
ちなみに、限定数・価格はドラえもんの誕生年が
2112年であることに由来している。
初代モデル発売時は各10,000本が完売となったという。



今年もドラッチが発売されるんですね。
販売数が2112本とやけに少ないので、
完売まで後何日あるのか・・・(笑)
以下のお店で購入できるようです。
ドラッチ2006リミテッドエディション(ハーフスケルトン)
ドラッチ2006リミテッドエディション(どこでもドア)


ちなみにドラえもんの身長、体重、胸囲などは全て129.3 cmですが、
これは昭和49年連載当時の小学校4年生女子の
平均身長が129,3 cmだったことに由来しています。
ドラえもんの誕生日も
「22世紀生まれ」
「129.3」ということで
「2112年9月3日」に決定しました。

ドラえもんで、行っとけ!
posted by ついてる at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

ドラえもん誕生日スペシャル! ドラえもん、未来に帰る・・・

こんにちは!
久しぶりにアニメについて書きたいと思います。

今週のドラえもんは
「ドラえもん誕生日スペシャル! ドラえもん、未来に帰る・・・」
でした。
ドラえもん誕生日スペシャルなのに未来に帰っちゃうのかよ!と
ツッコミを入れたくなります。

内容は
「ションボリ、ドラえもん」(24巻)と「ハツメイカーで大発明」(30巻)を
合わせたものでした。

「ションボリ、ドラえもん」では
ドラえもんが未来に帰ると知った時点で
のび太が未来に帰らないよう懇願し、
ドラえもんがのび太の元に残ることを決心しますが、
今回は一旦未来に帰り、次の「ハツメイカーで大発明」中で
ドラミちゃんの名演技(?)もあって、
ドラえもんとのび太が友情を取り戻しました。
このため、ハツメイカーの話は原作と異なっていましたが、
自分としてはドラミちゃんの計画通りにことが進んで
結構良かったです。
ドラえもんの誕生日も絡められていました。


ドラミちゃんの声の担当は千秋さんになりました。
声優業は初めてかと思ったら、「ノンタンといっしょ」
主人公のノンタン役を演じたことがあるのですね。
前任者のよこざわけい子さんのドラミちゃんと比較すると、
前ドラミちゃんはかわいらしく、年下ながら
しっかりした性格の持ち主というイメージを持っていましたが、
今回のドラミちゃんは声が高く、前よりも
お姉さんに成長したような印象を受けました。
千秋さんも自然にこなしていましたが、
大きな声を出すシーンでは若干不自然さを感じました。
この辺が少し気になりました。


また、番組内で秘密道具の募集が行われました。
最優秀作品に選ばれると、すっかりお馴染みですが、
アニメ内でドラえもんがポケットの中から出してくれます。
オリジナルの道具と言うことで、ストーリーも
新ドラで初めて完全オリジナルになりそうですね。
ちなみに最優秀作品に選ばれると副賞として、
 「ドラえもん・マジカルカー」(トヨタ「ノア」1台)が
プレゼントされるそうです。
こちらは車体にドラえもんの絵柄が描かれていて、
ドラえもんコレクターじゃないと
使用するのはちょっと恥ずかしいですね。


<関連リンク>
テレビ朝日ドラえもん公式サイト(ひみつ道具コンテスト応募方法など)

ドラえもんで、行っとけ!
posted by ついてる at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラえもんアニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

未来道具の開発2

こんにちは!
久しぶりの更新ですが、またまた未来道具の話題です。
エポック社から体感タケコプターの発売が予定されているそうです。

エポック社、「ドラえもん 体感タケコプター」を9月30日に発売

エポック社は、体感アクションゲームの
新製品「ドラえもん 体感タケコプター」を9月30日に発売する。
本体をテレビのAV端子に直接接続するタイプの玩具で、
頭に装着するタケコプター型のコントローラーでゲームが楽しめる。
価格は7,854円。

首や全身の動作で頭のコントローラーを動かすことで、
タケコプターで空を飛び回る感覚を表現。
画面には後ろから見たドラえもんが描かれ、
コントローラーを左右に傾けると、画面内の
ドラえもんも同じように左右に動き、
前へ傾けると下へ、後ろへ傾けると上へ移動する。
また、コントローラーをいったん後ろへ傾けてから
すぐ前へ傾ける動作を行うと飛行スピードが加速する。

ゲームはストーリーに沿って宝探しを楽しむ
「ストーリーモード」と、ミニゲームを楽しめる「フリーモード」が
用意される。
ストーリーモードではゲームを進める途中に
コースの分岐があり、選択するコースによって
エンディングが変化する。
ミニゲームは、時間内に決められた数のアイテムを
探し出すゲームや、障害物を避けながら
ゴールまで到達するタイムを競うゲームなどの10種類。

商品には本体、タケコプター型コントローラー、AVケーブルが付属。
電源は単3形電池またはACアダプター(いずれも別売)で、
コントローラー側にコイン形電池(CR2032)が必要。

同社の「体感アクションゲーム」は、2000年に発売された
野球ゲーム「エキサイトスタジアム」に始まるシリーズで、
テニスやボクシングなどのスポーツゲームや、
「ドラえもん」「とっとこハム太郎」などを
題材にしたキャラクターゲーム、
テレビ番組と連携した
「サスケ&筋肉バトル!! スポーツマン No.1決定戦」など
多数の商品が発売されている。

また、9月3日はドラえもんの誕生日(2112年9月3日生まれ)だが、
その前日にあたる9月2日には、
各地の特産や芸能を遊びながら学べるボードゲーム
「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム+2(プラスツー)」が発売される。
価格は3,780円。


体感といっても結局ゲームだったんですけどね。
ただ、通常の手で操作するコントローラーと違い、
頭につけて首や体の動作で操作を行うところがおもしろいですね。
惜しいのは、あくまで現実的に体感できないことかな。

最近は未来道具の開発が活発になりつつありますが、
早く「もしもボックス」や「どこでもドア」が
できないかなあと考えています。


<関連記事>
ひみつ道具「くうき砲」など、ドラえもんの世界を再現したおもちゃ続々登場

ドラえもんで、行っとけ!
posted by ついてる at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

魔界大冒険に備えて「黄色いあの娘」も登場決定!

そうそう、前回の続きになりますが
来年の映画に備えて、「黄色いあの娘」
登場が決定しました。

ドラえもんではおなじみのキャラクターでありながら
去年は存在しないんじゃないかというくらい
完全にスルーされていましたが、
今となってはドラ映画への布石だったのですね。

そして、記念すべき初登場の日は 9月1日 です。

そうです。だいぶ間隔が空きます。

私は放送内容からてっきり次の週に
登場するのかと思ってしまいました。

ちなみに初登場の日まで彼女に関する最新情報を
少しずつ紹介していくそうですが、
一ヶ月以上も何を紹介するつもりなのかと言う方が
気になってしまいます。


<関連リンク>
ドラえもん(テレビ朝日番組ホームページ)

ドラえもんで、行っとけ!
posted by ついてる at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。